ちーびー3

こんばんは、チャッキーです。



さてWROですが、やっとソフトに慣れてきてそろそろ波に乗れるかなってところです~

頑張るよ!!


あ、arduinoの開発も進んでおりますよ!

1、超音波センサーのPINGの制御が可能になった
CIMG1320_convert_20110712223502_convert_20110712231120.jpg

とりあえず適当に値を調整してcm単位で値を返せるようにしました。


2、tj3をスレーブとして使えるようにした。

CIMG1318_convert_20110712223554_convert_20110712231012.jpg

立命館さんのブログを参考にして使えるようにしました。

ありがとうございました!!


通信成功してから思いついたのがタイトルでもある「ちーびー3」

「ちーびー3」とは、ちっちゃいtj3のことです。

つまりセンサーの値を得るためだけにそのままtj3を使うのは大きさや重さ的にもったいない気がするので

センサーの部分とpicをtj3から取り出したものを作ろう!!

てことです。

が、実際にパーツをそろえてブレッドボード上で回路を組んだところなかなかうまくいきません。

今日1日格闘していたのですがだめでした。

明日でどうにかします~~


3、モータードライバーをどうするか考え中~

最初はモータードライバーICを使ってコンパクトにいこうと思っていたのですが、

マブチ380は最大電流が15Aほどだったはずなので

対応したICが見つかるはずがないのです(あったら教えてください)


そこから、Hブリッジ回路を自分で組んでみようと思ったのですが、

また落とし穴

ひとつのモーター制御に4つのFETを使うので4、5個のモーターを使えるようにするには

ピン数が足りないのですね~


さあどうするか?

結局モーター用にもうひとつマイコンを用意してi2c通信で制御、i2c通信なのでピン数は関係なし!!

というのが最善の解決策なのでしょう・・・たぶん・・・

しかーし、picやavrなどは勉強したことがないので何をすればいいのか未知数すぎる!!!

とりあえずpicのお勉強から始めます~


では~
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。